遠方からオーディションを受けて合格した場合、

その後レッスンや練習、本番がある場合にも

費用が発生することを覚悟しておきましょう。

 

まず、遠方からの場合は週に一回の練習でも時間拘束や

費用に問題を感じることもあるようです。

特にミュージカルの場合等舞台場合には公開直前となると

練習日が増えてきますから、毎日練習となると遠方から通うことが

出来ないという可能性も出てきます。

 

受けることは自由ですが、

練習や公演日等も全て出られることが

前提であることに注意しましょう。

 

そうでなけれな無責任になり、

せっかく選んでもらった主催元に失礼となります。

 

本気でオーディションを受ける子供の中には、

学校を転校してレッスンや練習が出来る近郊の地域に

住み変えるといったことがあるようですよ。

 

遠方の場合は、通うよりは近隣にアパートを借りた方が安く上がることもあり、

小中高で芸能活動が許可されている学校に転校して

レッスンに打ちこむ子役も少なくはないようです。

 

アパートではなくレオパレスなどの期間限定で借りられる住居も人気がある様で、

一定期間の本拠地として活用されるようです。

本番の日等は家族そろって過したり、子供が練習に打ち込めるように

親がサポートするわけです。

 

本番では公演の時のチケット等の販売ノルマなどはありませんが、

家族が見に来る場合には購入しなければなりません。

家族によっては全公演を見に行く場合もあれば、

一回見に来ただけで他の公演は出ないこともあるようです。

 

芸能活動で発生する費用の考え方は

各家庭によって考え方は変わるので、

子供と共に話しあっておくことが肝要かと思います。

 

⇒ 一般的な相場はこちらへ