芸能の世界で仕事をするようになると、子供でもプロということになるでしょう。

 

しかし、多くの場合は子役になる機会を得ようとすると、

タレント養成事務所や多く輩出する有名な劇団等の

研究生や候補生等になる場合が多くなっています。

 

その理由として役をもらおうと闇雲に一般オーディションに向かうよりも、

まずタレント事務所等に所属してレッスンを受け、

自身の能力を鍛えたり、事務所から役をまわしてもらう方が

結局は近道になるという事情があるからです。

 

そのために、オーディションの費用の前段階として

事務所に研究生として所属してステップアップを考えている親御さんもいるようです。

 

子役になろうとする場合は子役専門の劇団や芸能事務所があります。

 

特に人気子役を排出したところは多くの入所希望者が殺到するようです。

事務所の設備に対して応募者が多い場合は試験を行って人数を絞ることは

当たり前に行われているようです。まずは書類審査等が行われますが、

研究生や候補生等を募集している事務所の一次審査ではほとんど落ちないようですし、

合格通知はほとんどの方に来るようです。

 

ただし、入所後に様々な費用がかかることを念頭に置かなければなりません。

 

まずは入会金や入所金として10万以上の金額が掛ります。

有名な子役を排出している芸能事務所でも

入会金等を支払うことは常識となっているようです。

さらにレッスン料等の月々の月謝やタレントとしての登録料等が徴収されるようです。

 

月謝の費用は様々ですが、月に1万円以上はかかり、

年に換算すると様々な費用として100万円ほどかかっている候補生もいるようです。

 

ただ、いきなり演技の素養を備えている子供は稀ですし、

競争率の高いオーディションではダンスや演技スクールに

入って実力をつけている子が選ばれやすいこともあるので、

本気でテレビで活躍するのであれば最低限の投資は必要となるようです。