近年では写真だけでなく動画を

一次審査で受け付けているところもあるようです。

動画のメリットは様々なものがありますが、

自然な子供の行動する様子を見れるから受付けられているようですね。

 

何といっても、目に見えているのでしぐさや笑顔など

監督がまず気になる部分をチェックできます。

写真では伝わらないような雰囲気まで見てもらえるので

提出できる人は任意で提出することをお薦めします。

 

これはカメラテストを楽に行えることもあるのではないでしょうか。

 

オーディションでは2次面接で実際にキャスト候補と

プロフィールを見比べることが必須となっています。

実際の様子と写真では子供に違いが見えるもので、

写真で見えたものと実物との違いはどのようなものか

把握するために必ず行われるものです。

 

 

はじめに動画で撮影されたDVD等が提出されていれば、

子供の雰囲気が過不足なく見極めることが出来るでしょう。

現在ではデジタルカメラでも動画を撮影できるようになっていますから、

後はパソコン等の編集する道具さえあれば

自分で子供のプロモーション動画をとってまとめることもできます。

 

自分で出来ない時には動画撮影もプロに任せることができますから、

写真では子供のよい部分が伝わらないと思われる場合は

動画も一緒に提出するといいでしょう。

 

プロモーション動画は写真と比べて費用は高くなりますから注意が必要です。

プロのカメラマンでも編集が加わると割高になることは覚悟しましょう。

動画の費用は大体時間によって変わりますし、

使われる機材によっても業者によって差がありますので注意しましょう。

子役事務所まとめ

子役育成に実績のある事務所は、こちらのページでまとめて紹介しています。

子役事務所一覧~デビュー後の売り込みに強いプロダクションは?