オーディションでは子供の服装に気を配る方も多いのではないでしょうか。

実はオーディションではほとんど子供の服装については注目していません。

それは、一般的な会社でもそうですが、リクルートスーツでも

一流のスーツでも配点はされないのと同じように、服装の良しあしで

配役が決まるものではないからです。

 

服装でみられるとすれば、一般的な清潔感があるかどうかではないでしょうか。

 

モデル等ではオーディションで

自分のプロポーションをアピールするために

露出度を高くすることもあるでしょう。

 

では、子役としてアピールする服装とはどのようなものでしょうか?

 

世間の子供像から考えて服装を考えるとわかるのではないでしょうか。

子供らしく明るい様子を印象付けたいのならば、

高級な服装をすればいいというものではないのは分かるのではないでしょうか。

 

つまり服装は子供らしい服装をすることがポイントです。

 

現在では大人と同じような服をそのまま子供服にしたようなものもあり、

子供のファッション雑誌にも多くなってきていますが、

一般的にはまだ受け入れられていないようですし、

素材の自分より服が目立つようではNGなようです。

 

 

子供らしい服とは、まず色は明るい色がよいでしょう。

モノトーンではなく、ビビットな色合いの方が元気さが感じられるようです。

また、動きやすい服装が良いようです。子役でもモデルの様な服装をすることはありません

もちろん、既製品出構いません。

 

有名子役でも、安価な既製品を使いまわして

可愛く着こなしている方は結構います。

まずは子供の服装よりも、清潔さを保ち、

マナーを教える様が優先と考えていいでしょう。