子役のオーディションを受ける際には、まず一次審査が行われます。

 

一次審査は書類選考です。

しかし、募集情報は広く募集すると殺到することもありますから、

多くの場合、タレント事務所や劇団などに情報が流されて、

その情報が条件の当てはまるお子さんのいる候補生の家庭届くようです。

 

一般募集でオーディションを行う場合もありますが、

かなりの割合で事務所等を通じて情報を聞くことがあるようです。

そのために沢山のオーディションの機会を得るためには近道として

何らかの芸能事務所に所属することが勧められているようです。

 

多くの一次審査では、特に事務所に所属していると

受かりやすいということはないといいますが、

提出書類に事務所名や担当者等を書く欄があるとやはり気になるものです。

 

事務所では実力のある受かりそうな子役候補に声をかけますから、

一次審査の書類選考は大体受かる場合が多いようです。

一般募集の場合はダメもとで受けることが多いので落選率も高いと言えるかもしれません。

 

ともあれ、本気で子役を目指しているならば、

事務所に所属してオーディションを受けることが出来る環境を作るのが良いでしょう。

事務所に所属することで金銭面では親に負担がかかりますが、

ある意味習いごとをしているようなものだと考えると、

子供の意欲をポジティブに広下ていくことが出来るのではないでしょうか。

 

また、事務所では同じような子役を目指す子供の母親がいますから、

情報交換などを積極的にすることが出来ることがメリットのです。