子役の2次オーディションでは、役について様々な適性が問われます。

演技をするわけですから、場面によってはどんな心情なのかを

子役は理解しなければならないわけです。

 

子役の演技する台詞等は事前に配られてオーディションの前に

読んでくることが必須となっていることもあります。

オーディションによっては、面接する役のセリフは

覚えておかなくてはならないわけですね。

 

やはり、面接の印象を良くするためには、覚えていないより覚えている方がいいものです。

基本的に努力が見える部分となりますから、やる気をアピールするためにも

セリフは覚えておくといいでしょう。

 

その中で、面接官は子役候補に、この役はどんな子なのかを聞いたりするわけです。

 

演技等が入ってくると、どのようにしたらいいのか困ってしまう親も多いのではないでしょうか。

まずは子供が文字を読めない年齢ならば、親が台本を持って

セリフを暗唱できるように指導しなければなりません。

さらに、役柄にあわせて感情をこめることが必須となってくるわけです。

 

 

ある程度大きくなった子供ならば親の手伝いは少なくなると思いますが、

大体の台本はルビ等は振っていませんから、子供が読めるように

事前に台本の全てにルビを振る作業等はよくあることだそうです。

 

子供が演技するために、大人にあわせて演技を出来るように

事前準備が必要となってくるわけです。

 

面接官は、子役が事前にどのくらいまで準備してくる子なのかを見ているわけです。

撮影の足を引っ張るような場合は、大きく他を引き離していない限り、

うまく周囲と合わせることのできる社会性のある子役を選ぶことでしょう。

 

オーディションの事前準備は子供だけでなく親も一緒になって行う

プロ意識が必要だと思っても過言ではないでしょう。