子供が子役なりたいと言ったとき、それを冗談だと思って切り捨てるか、

子供の夢を信じて支えるかは家族次第になります。

もし、子供の夢を応援するならば、子役になるための足がかりや

オーディションの応募方法や活動などを調べてみるといいでしょう。

 

現在の募集方法には様々な方法がありますが、

一般的な子供を対象にしたオーディションでは

まず書類選考が行われます。

 

例えばドラマで子役が欲しい時、年齢が重要視されますから、

書類選考で年齢や身長・体重等で欲しい役柄とは逸脱する

応募者は落とされてしまいます。このような理由で7歳の子供の役に

3歳の子供が応募しても通らないのは納得するのではないでしょうか。

 

一方で年齢は前後しますが、7歳の子供の身長に合っていれば、

選考では落とされない可能性があります。配役はその年齢にあった

役柄あるかどうかがまずポイントとなるわけですし、

年齢はあくまでも配役上の設定になるからです。

 

気になる必要経費に関して言うと

応募には無料のところもありますが有料のところもありますので、

応募対象の内容に沿って自分自身に当てはまる場合に

オーディションに応募するのが効果的でムダ無くて良いでしょう。

 

しかし中には、書類選考でおとされたにも関わらず、

事務所の強い押しにより面接を受けることができ、

演技力が認められ映画デビューしたケースもあります。

 

その演技に魅せられて役柄の設定を変更したなんて話もあるそうです。

事務所の力と言えるかもしれませんが、子役としての才能や

魅力がなければそのようなことは起きなかったかもしれません。

 

ただ付いて行っただけなのに

監督に見染められたってこともあるようですから、

まずはその場にいられることも大切です。

 

そのようなチャンスをつかむためには

まずは応募しなければいけないし、親の手助けも必要ですし、

役柄に合っていること、そして子供のやる気も

選考理由に影響を与えてくるのではないでしょうか。