現在は、数多くの子役タレントたちがオーディションを潜り抜け

デビューを果たし、各方面で活躍していますが、

人気を博し、色々な企業から仕事の依頼が殺到し、

年収もサラリーマン顔負けの額を稼ぐほどの

メジャーな子役タレントのなるような子どもとは、

いったいどんな子どもなんでしょうか。

 

まず第一に、どんな仕事でも、やらされている感を感じない子どもであると言えます。

 

そのような子供は好奇心が旺盛で、

何事にも受身ではなく本気で取り組むことができます。

 

本気で仕事をこなしているからこそ、台本の無いバラエティ番組などでは、

より素の自分を出すことができ、その大人の常識から思いつかないような

子どもらしい解答でお茶の間の視聴者が求めている

癒しややすらぎを与えることができるのでしょう。

 

本気で取り組むからこそ、受身の姿勢ではなく、積極的に仕事に関わろうとしますよね。

どうすれば、この演技はより良いものになるのかを追及する熱心さを、

子どもながらに持ち合わせているのです。

 

もちろん、要求された演技なりを理解し、

その通りにこなせる器用さは最低限求められる要素であり、

必ず無くてはなりませんね。

 


好奇心が旺盛ということで、何に対しても興味を持つということも

大切な要素なのかもしれません。興味をもてば、深く知ろうとします。

その過程で疑問に思うことも出てくるでしょう。その疑問について

また調べて追求してみる。こんな物事に対する集中力のよさも

タレントとして大成するためにには、大切になってくるのでしょう。

 

どのようにしたら、こんなすばらしい資質を持った子どもになるのかと

世のお母さんたちは思われるかもしれませんね。

 

参考までに一例をあげると

ある有名な子は母親が台本を読んであげるだけでなく

その意味も理解できるように伝えながら

一緒にセリフを覚えていたそうです。

 

時間も手間もかかる事ではありますが、

その後の活躍をみれば効果のほどはわかる実例です。