現在、子役タレントが一大ブームとなっていますが、その中には、ベビーモデルたちも含まれています。

テレビCMや雑誌でよく見る可愛らしい赤ちゃんたちです。活躍している子役タレントや、安達 祐実(あだち ゆみ)さんを代表とする現在人気の大人のタレントの中にもベビーモデルを経験してきた人たちが大勢います。

ベビーモデルは、もちろん演技などできませんから、オーディション自体が、他のものと違って選考基準も低く、また応募しやすいという特徴があります。

ですから、将来的にお子さんをタレントにすることを目指しているお母さんたちにとっては、絶好の機会となるのでしょう。

 

演技力も表現力も必要とされないベビーモデルになれるのは、どんなお子さんなんでしょうか。我が子を是非ベビーモデルにしたいと考えるお母さんたちの一番の関心事でしょう。

 

テレビなどで見かけるベビーモデルたちはどの子もとても愛くるしい顔を見せてくれますよね。ですから、顔が可愛かったらなれるのではないかと思われがちですが、実際は、もちろんその要素も多少は必要とされますが、それ以上に求められるのは、大勢の知らない大人たちに囲まれても怖気づかない、人に慣れた人見知りのしない赤ちゃんであることなのです。

 

すでに登場しているベビーモデルたちを見ても分かるように笑顔がとても可愛らしいですよね。笑顔は赤ちゃんの象徴でもあるでしょう。

ですから、そんな素敵な笑顔をたくさん見せてくれるような赤ちゃんであることも、必要であると言えます。

 

これらは赤ちゃんの持っている資質でもありますが、多少の訓練で適応できる部分もあります。

 

早い赤ちゃんですと生後6カ月を過ぎる頃から人見知りが始まりますから家族では無い大人たちや同じ子供たちに囲まれて接することで、撮影現場の雰囲気に場馴れできるかどうかが一番の資質と言えるでしょう。

 

子役事務所まとめ

子役育成に実績のある事務所は、こちらのページでまとめて紹介しています。

子役事務所一覧