テレビや雑誌で連日目にする子役タレントたちは、

どの子どもも容姿端麗に見えますね。

顔は小さいし、足は長いし、スタイル抜群で顔も整っている子が多いように感じますし

芸能界にデビューしている子は、そういうものだという固定的なイメージももたれがちですよね。

 

そんな子供タレントたちを見て、自分は本当は、子役タレントになりたいのだけど

絶対、無理だと自信をなくしている子どもたちも、現実にはたくさんいることでしょう。

 

けれども、活躍する場面は、多方面に渡っているのです。

素晴らしい容姿の子どもはモデルには向いているでしょうが、

俳優としてはどうなのか分かりません。

 

同じ俳優でも、容姿を売りにしているものもあれば、

演技力が求めれてるものもあるでしょう。

どこで、どんな風に自分が必要とされるか、

輝ける場所があるのかということは、未知数なところが多いのです。

 

自分は向いているのか、向いていないのかという判断基準を捨てて

自分は絶対子役タレントになるんだという、強い信念を持った子どもは

子役タレントに向いていると言えるでしょう。親や周りの人間が

たとえ反対しても、絶対になるんだという気持ちが、とても大切なのです。

 

これくらいの強い気持ちがないと、

たとえ大きな仕事でデビューして未来が明るいという状況になったとしても

芸能界を生き抜いていくことは難しいでしょう。

 

周りの人間に流されず、自分の気持ちを貫く芯の強さのようなものがある

子どもは多少のことではつぶれないで、頑張っていけるのではないでしょうか。

 

どんなときにも自分の意志をだせる強い気持ちは大切ですからね。

 

【PR】運も実力のうち開運財布で引き寄せよう!