この世の中、お金がなければ諦めなければならないことというものがたくさんあります。

悲しいことですが、これが現実です。

そして、この原理は、子役タレントにも、当てはまることなのです。

実際には本人ではなく、その親の経済的な問題のことです。

 

子役タレントとなるために、様々なオーディションを受けることになりますが、

その中には、どこの劇団、養成所にも所属していなくても

応募することができる一般公募もあります。

その情報が載っている専門雑誌もあるようです。

 

けれども、一般公募のオーディションに合格するためには、

演技力や表現力などがないとなかなか難しいです。

こうしたスキルを身に付けるために、

子役タレントを目指すほとんどの子どもたちは

劇団なり養成スクールに通っているのです。

 

劇団や養成スクールに入るためには、入団金が必要で

相場は25万円~30万円となっています。

入団後も様々なレッスンのために、月謝が3万円ほどかかりますし、

そこに在籍するための費用や、宣伝費用など、

その他にいろいろと経費も必要となります。

 

また、仕事が入ったとしても、現場への交通費、

指定された会場へ受けに行く場合は、そこまでの交通費も自己負担です。

遠隔地での仕事の場合だと宿泊費も負担しなければならなくなります。

 

子役タレントになるまでには、かなりの費用をかけなければならないことが、分かるでしょう。

もちろん、先行投資と考えて、なんとかやりくりできるのなら考えてもよさそうですが、

今現在の生活が経済的に苦しい状態であるなら、子どもを子役タレントにするのは、

やめておいた方が無難だと言えます。

 

会社でもお金を頂くという事は厳しい要求があります。

子供だからといって甘えは無いんですよ。