続々と誕生する子役タレントさんたち。

子どもだとは思えないような容姿や演技力のすばらしさに、

ただ見とれるばかりです。

 

日頃テレビを見ていてもコマ―シャルに出演している

男の子や女の子が多いと思いませんか?

 

ある調査会社が今年上半期のCM出演に関して調べた結果によると、

CMに起用されたタレントランキングで、男性編では、子役タレントが

10社で2位、女性編でも15社で3位、9社で8位にランキングしています。

数ある大人タレントに交じって、かなりの健闘ぶりと言えますね。

 

ランク外でも数多くの子役タレントがCMに出演しています。

主な収入源の一つはCM出演なのです。

CM出演することによって、子役タレント側としては

顔を多くの幅広い年齢層の方々に知ってもらい

人気が出る効果を期待できます。

 

企業側は、すでにある人気に乗っかって

商品売上増加が見込める効果を期待して指名してくるのです。

 

どちらにしても、CM出演は、その子役タレントの

人気度を測る一つの指標ともなっています。

 

CM出演は、CM1本あたりいくらの出演料を支払う、という契約パターンと

年間でいくらの出演料を支払うという契約パターンがあるようですが、

多くは一年間契約が多いようです。出演料の相場というものは

特になく、出演料の増減は、大人のタレントと同じように人気に大きく左右されます。

人気が出れば、出演料も上がるという仕組みです。

 

記録的なCM出演料としては、1本5000万円というのが、かつてありました。

けれども、CM出演料がまるまるタレント個人の手もとに入るわけではありません。

あくまでも出演料は、所属事務所の利益になります。

 

といっても全国CMですとそれだけで顔が売れますから、

他の仕事へのプラスに働いていくので

出演料はうなぎ昇りとなるでしょうね。

子役事務所まとめ

子役育成に実績のある事務所は、こちらのページでまとめて紹介しています。

子役事務所一覧~デビュー後の売り込みに強いプロダクションは?