今回はアヴァンセプロダクションの私なりの感想を書きたいと思います。

アヴァンセプロダクションはあの俳優の坂上忍さんが総合プロデュースしている事務所になります。坂上忍さんは40年以上の経験をもとにカリキュラムを作成しています。そしてなんと在籍者75%以上はメディアに露出できているんです。

なので本人のやる気次第で頑張ることができれば将来は俳優や女優としての可能性も上がってくるのです。その為に他の事務所からわざわざアヴァンセまできてレッスンを受けている子供も多いようです。

アヴァンセプロダクションの特徴としては少人数制になっている事や、子供の個性を最大限に伸ばす為の理念が強いことです。
実際レッスンの内容については、演技の練習をしたり個性を引き出していき暗記力などを鍛えます。

喜怒哀楽などの表現のレッスンやカメラの前での立ち位置、リアルな演技が出来るようなレッスンもします。1番初めの自分を表現するような内容から徐々にレッスン内容を増やしていき最終的には映画やドラマなどの実践練習を行いどんな場面でも臨機応変に対応できる能力を身につけます。

私の子供はまだレッスンが3ヶ月めになりますが、個性豊かな感情表現の上手な子供に初めの方よりはなったと思っています。

子役になれるなれないに限らず、子供が子供らしく喜怒哀楽を表現できている姿や成長過程を見守れている事が私にとっては頼もしいです。

アヴァンセプロダクションのスクール番組を見たとき凄く子供にはいい環境なんじゃないかと思いました。因みにアヴァンセの入学金は162,000円でレッスン費用が1年で324,000円かかります。

クラスも年齢によって異なりベーシッククラスの3〜7歳、キッズアクターズクラスの8〜12歳、リアルアクターズクラスの10〜15歳とともに全てが週一回の土日で月4レッスンになります。

まず一年間はレッスンを受けて、優秀者は当事務所所属となりマネージメント契約を結びます。それに合わせレッスンも実践レッスンになったり授業内容がより高度なものになります。入学費やレッスン料は少し高いですが、その分一年間の間で学べる事が数多くあります。

なので子供の将来の為と思えば、頑張れました。

アヴァンセの無料オーディションについては基本的に審査内容は親が同伴での面接でした。子供の得意な事や子供の反応をみたり、初心者の子役体験なども行っています。まだ子供なので身長、体重、顔写真を送ってからのオーディションですが、見た目はあまり気にしないでください。

大切なのは入ってからどう成長出来るかだと思います。