雑誌などで映画の子役オーディションの告知を見かけますが、

ダンス教室や演技スクールなどでレッスンを受けて

実力がある子供たちと同じライン立つわけですから

全くの素人にとっては厳しいオーディションとなります。

 

といっても・・・、

100%見込みがない訳ではありません。

 

監督のニーズに合った子供であれば オーディションは通ります。

 

例えば、吉永小百合さんが主演されていた

映画『北のカナリアたち』で選ばれた子供たちは

“歌が上手”という基準で採用されたそうです。

 

このように演技力というよりは、 監督のこだわる歌のシーンで

100%のニーズがマッチしている事でも

映画の子役オークションでは選ばれるようです。

 

ですから、映画の子役オーディションに応募する際には

映画の元になった本や監督の作品を見たりして

要求をチェックしておくと合格しやすくなるでしょう。

 

ただし、何も特徴の無い子役は採用されません。。。

 

自分自身の子供に特徴がないといっても

子供の可能性は未知数ですし

個性は正しい引き出し方によっては ガラリと変わるので、

いざという時のために 準備をしておくことは最低限必要でしょうね。