京都の車折神社を始め、日本各地には芸能神社が多数存在しています。芸能神社では古くから御祭神に芸の上達を祈り捧げてきました。福岡県の太宰府天満宮にお願いするように、学問の向上も芸能に関する願い事のひとつとして考えられます。最近では、芸能関係者がオーディションの合格や公演ヒットを祈願して参拝することも多く、人気の芸能人がよく参拝すると観光スポットとして有名になった神社もあります。

■芸能神社の御祭神とは・・・

芸能神社の御祭神には、学問の神様で知られる菅原道真公(天神様)や弁財天様、天のうずめの尊が祀られています。弁財天様は女性の神様で音楽を司る存在として知られています。七福神では紅一点で、琵琶を持っておられ、妖艶な姿で描かれることが多いです。福徳・諸芸能上達の神様として知られています。

元々は河の神様、そこから豊穣、そして河の水のせせらぎが音楽のようであることから、音楽の女神として知られるようになりました。天のうずめの尊は、神話の時代に天照大神が岩宿に閉じこもった際、半裸で踊り神々を笑わせ、その声を聞かせることで天照大神を外の世界に連れ戻すことに成功したと伝えられています。

■古都で愛され続けている車折神社

芸能関係者が訪れると言えばここと言う程、よく知られた京都市右京区嵯峨に所在する芸能神社です。境内には所狭し奉納された玉垣が並んでおり、誰しもが知っている歌手や俳優、モデルやアイドル、芸人など有名タレントの名前が書いてあるものも珍しくありません。

玉垣とは、神社の周囲をぐるっと巡らした朱色に塗られた垣のことで、「玉」は霊を表し、御霊を守る意味があります。車折神社そのものは芸能神社という訳ではなく金運や良運のご利益があるとされていて、敷地内にある神社が芸能神社として存在しています。その芸能神社の御祭神が天のうずめの尊です。

■悠久の歴史を持つ厳島神社

世界文化遺産としても有名な広島県宮島市の厳島神社も実は芸能神社として知られています。平清盛により平家の信仰の対象として建てられたこの神社の御祭神は弁財天様。神奈川県江ノ島の江島神社、滋賀県長浜市の竹生嶋神社、そして厳島神社は日本三大弁財天として知られています。元々、弁財天様は河の神様ですので、竹生嶋神社は琵琶湖、江島神社と厳島神社は海と水辺に祀られています。

厳島神社で祀られているのは市杵島姫命、田心姫命 湍津姫命。古事記では、素戔嗚尊は、死んでしまった母伊邪那美が恋しく、黄泉の国に行きたいと願います。その為、姉である天照大神に別れを告げに行きますが、天照大神は素戔嗚尊が攻めてきたと誤解します。その際、素戔嗚尊は自身の潔白を証明する為、自らの剣を差し出し、それを天照大神が噛み砕き吹き出した息の中から、この女神たち三姉妹が誕生しました。

ちなみに、厳島神社のお土産品と言えばしゃもじですが、これは弁財天様を連想させる琵琶と形が似ていることに由来しています。また、福島正則が常設し、現在は重要文化財に指定されている能舞台からも芸能神社としての様子が窺えます。

■歌人を祀る神社

滋賀県大津市にある関蝉丸神社と当神社の分院では、平安時代前期の歌人であり音楽家である蝉丸を祭っています。蝉丸は琵琶の名手として知られ、和歌の世界では新古今和歌集などの勅撰和歌集に採録され、百人一首にも登場しています。坊主頭で後ろ向き姿であったり、帽子を被ったり特徴的な姿で描かれていますので、記憶にある方もいらっしゃるのはないでしょうか。大津市の逢坂に住んでいたと伝えられており、その没後、上社に猿田彦命を下社に豊玉姫命を御祭神として祀ったとされています。

逢坂の関は、元々東海道の重要な三関として知られ、京の都から見て一番最初の関所でした。その為、更級日記などの著名な作品にも記述が残っています。蝉丸は「これやこの 行くも帰るも 別れては 知るも知らぬも 逢坂の関」という句を残しています。

また清少納言も「夜をこめて 鳥のそら音は はかるとも よに逢坂の 関はゆるさじ」という句を詠んでいます。これは男性からの誘いを断っている意味合いの句で、その相手である大納言藤原行成との男女が冗談めかした軽口を言い合う楽しい様子が窺えます。このように逢坂は平安文学の世界では馴染み深い地として知られています。

■その他の芸能神社
その他に全国の芸能神社をご紹介します。まずは菅原道真公を祀った神社ですが、福岡県の太宰府天満宮、京都市の北野天満宮、山口県の防府天満宮の三大天神の他、全国の「天満宮」「天神様」と名前がついた神社は道真公を主祭神としています。

天のうずめの尊を祀った神社は長野県の鈿女神社、戸隠神社の他に、宮崎県の荒立神社も知られています。宮崎県には天岩戸神社も存在し、天照大神がおこもりになった場所として知られています。出雲と同じように古事記とは縁深い土地です。また、天のうずめの尊は天照大神を主祭神として祀った伊勢神宮内にも祀られています。

全国に存在する宗像神社は福岡県宗像市にある宗像神社を総本社とした神社です。宗像神社では、弁財天である田心姫神、湍津姫神、市杵島姫神の三女神をお祀りしています。また三女神全員ではなく、個々の女神を主祭神としてお祀りしている神社を探すと全国に多数存在します。

このように遠くの有名神社へ出向かなくても、地元で芸能神社へお参りすることも出来ます。