ソルフェージュというのは、一般的には音大を目指す人や

ピアノを習っている人が学ぶべき楽譜を読むことを中心とした

基礎的な訓練のことをさします。

リトミックという言葉が類義語でありますが、これは体の動きと音を関連付け、

体でリズムを覚えられるようにすることを中心とした基本的な訓練のことです。

 

ソルフェージュというのは実際に体を動かすのではなく、

楽譜を見ることによって音楽理論という観点から実際の音を導き出すことをさします。

つまり読譜能力をつけることがソルフェージュを学ぶ上で大事なことなのです。

 

 

子役オーディションに向けたレッスンの場合は多分リトミック辺りから

だんだんとソルフェージュへとスキルアップをはかるレッスンを実践していると思われます。

何も知らない子供へ行きなり読譜能力をつけさせようとしても難しいことですからね。

 

ソルフェージュまで習った子供が次に学ぶべきなのは楽典です。

楽典とは音楽の基礎的な理論のことをさします。

ソルフェージュをもっと理論的にしたもの、と思った方がわかりやすいでしょう。

 

こういった音楽に関する基礎知識を学びながら

同時に発声練習や呼吸法を学んで行く事で、

声の出し方などを学んでいくのです。

 

最近ではドラマなどのエンディングテーマを

子役が担当したりすることなどもありますから

レコーディング方法などを指導してくれるレッスンスクールなどもあるみたいです。

映画などで子役が声をあてることも最近多くなってきたので、

CDデビューを目指すわけじゃなくても必要になってくるスキルなのですね。

 

【PR】

古くからある王道もレッスン書です。

楽譜が読めなくても学んでいけるのが特徴です。

子役事務所まとめ

子役育成に実績のある事務所は、こちらのページでまとめて紹介しています。

子役事務所一覧~デビュー後の売り込みに強いプロダクションは?