大人のタレント養成事務所では、結構手厳しいこともあると思うんですが、

子役タレントを養成する事務所ではどのようにレッスンをするのでしょう。

 

子供だからといって手を抜いたレッスンをしていないということは、

前の項で説明しました。より専門的な発声方法や呼吸方法、

更に歌の練習、音楽記号の理解力、楽譜の読解力、

ダンスレッスンなど様々なことを学んでいますよね。

 

もちろん演技指導などもちゃんと大人が受けているような

本格的なものを行っているところもあるそうです。

 

しかし子供であるがゆえに厳しすぎる

レッスンだと泣き出してしまうこともあると思うんですよね。

 

子役タレント事務所内での一つの考え方として子役の事を

 

「親が補助しないと独力では仕事が出来ない幼い俳優」

 

と考えているところがあります。

子役は実質的な面では働くことでお給料をもらっているので、

労働していることになりますよね。

 

しかし法律的には子供は働いてはいけない決まりになっています。

 

それでなくても反抗したりするような年頃の子を

芸能界へ引き込むわけですから親としてはそれ相応の覚悟がいることになります。

 

とはいえ映画にしろドラマにしろ、そこはひとたびプロの現場です。

きちんと役目を果たせるように子供をうまく誘導して撮影したりしているのです。

 

あと大事なことは「褒める」ことですね。

子供の頃から怒られてばかりで育ったと考えましょう。

きちんとした叱り方だったらまっすぐに育つかもしれませんが、

どんな世界でも理不尽なことで怒られることがあります。

そんなことが続く子供時代だったらまがった人間に育ってしまうかもしれませんしね。

 

以下の動画は、鈴木福くん、谷花音ちゃん、小林星蘭ちゃんたちも

学んだテアトルアカデミーのレッスン内容です。

 

 

⇒ 育成方針を確認するならこちら