我が子を幼いうちから芸能界へデビューさせて一儲けしてもらおう、

という考えを持っていて子役オーディションを受けるのだとしたら、

それは一旦考え直した方がよいでしょう。

 

子供だからと言って何をしても許される、などという

世界のようなことは芸能界ではありません。

なにゆえ反発したり大人の入り口である期間を芸能界に入るわけですから、

それ相応に立居振舞ができないと大変かもしれません。

 

もし子供自身が「俳優さんになりたい」などの夢を語ってくれたのであれば

全力で支援してあげるべきでしょう。

間違っても親の要望を押し付けるようなことはいけないと思います。

 

とある子役タレントに考え方をはっきり持っている子がいます。

自分が子供であるからといって、決して手を抜かずに

大人が考えていることをきちんと理解してバラエティ番組などで活躍しているんですよね。

一回その子役の言動が生意気であるとネット上で騒ぎになったことがあります。

 

しかしその子は頭の良い子なのでしょう。

逆上することなく「プロ意識を持って仕事をしているのです、

一度一緒に仕事をしたら同じ土俵できちんと役をこなしているわけです」

といったことを説明してみせたのです。

誰もがびっくりしましたが、なるほどと納得したにちがいありません。

今や子役タレントといえど立派な俳優ないし女優であるのですね。

 

どの子役にも頭がよくなければいけない、ということは決してありませんが、

大人のいる世界で大人と一緒に仕事をする場所へといくわけですから、

その点を親が理解していないといけませんよね。