子役タレントというと小学生くらいの子を想像するかと思いますが、

最近多くなってきている赤ちゃんモデルというのも立派なカテゴリーの一つです。

 

赤ちゃんモデルはそれこそドラマや映画などでは

主人公や主人公を取り巻く人たちの中で子供が生まれた時にだけ

登場するというほんのちょっとの間しか映らない役どころを担う職業ですが、

赤ちゃんモデルは演技をするわけではありませんからどちらかというと

本業はCM出演や雑誌などが主な仕事といえるでしょう。

 

特に赤ちゃん用のアイテムである哺乳瓶や紙おむつ、

ベビーカーなどの宣伝に赤ちゃんモデルは欠かせませんし、

子育て家族向けのCMで活躍していることが多いですよね。

 

例えば子供用の学習机やランドセル、子供用の靴の宣伝など。

子供用のアイテムも年々モデルチェンジしたり様々なものが

開発されているものですから新しくなればなるほど

新しいCMが流されるので仕事として入ってくるものです。

 

他にも子供向けの商品じゃない場合でも

人気にあやかって大人と一緒に宣伝すると言う意味で

出演依頼がきたりする場合もあります。

 

ブレイクする機会があれば今や様々な仕事が舞い込んでくるのが

仕事内容と言えるのではないでしょうか。

 

ただ赤ちゃんモデルの場合は

事務所によって年齢層の幅が決められています。

オーディションを受ける際に所属するかもしれない事務所の年齢の幅は

事前に必ずチェックするのを忘れないようにしましょう。

 

もちろん、親の見学室・託児ベット・授乳室など

乳児や赤ちゃんのための万全ケア体制が整えられているか

事務所を選ぶ時に見逃さないで下さいね。

 

【おすすめサイト】

⇒ 赤ちゃんモデルの適性をチェックしよう!