一般オーディションから子役を目指そう!

子役になりたい!

はてなブックマーク - 子役になりたい!
BuzzURL - 子役になりたい!

現在のテレビ番組では子役を見ない日はないくらい一般的となりました。

 

子供は段々と成長してしまうために、

いつまでもその地位に居続けることはできません。

そのため、世代交代がはっきりとわかるのではないでしょうか。

 

子供タレント、キッズタレントなどとも呼ばれますが、

基本的には赤ちゃんの時期を0歳から2歳だとすると、

3歳から18歳くらいを子役と呼んでいるようです。

中には高校生までもオーディション対象年齢のくくりに入れてないケースもあるようですから、

所属する芸能事務所によって扱いが変わることもあるようですね。

 

以前の子役と言えば、自分の夢をかなえて欲しいと

母親が主導して娘や息子を芸能界へデビューさせようと努力する

ステージママが中心となっていて嫌々演技を行っているような子供もいたようですが、

現在は憧れの子供と同じ道を目指して自分から率先して芸能界にデビューしたいと思って

オーディションへの応募をしている子の方が多くなっているようです。

 

テレビ番組や映画やドラマ等のスタッフとしては

嫌々やっている子供の機嫌を取りながら作品作りをしているよりも、

自分からやりたいとポジティブに活動する子供の方がやりやすいのは確かですし

キラキラ輝いているからオーディションでも演技が目に留まりやすいですしね。

 

では、具体的にどのようにして目指せばいいのでしょうか?

 

すぐイメージできる方はあまり多くなく、子役になりたいと思った時に

どのようになるかは調べないと分からないことも多いはずですし、

どのようなことを調べていいかすらキッカケすらわからない方もいます。

 

多くの先輩の経歴を調べると2つの方法があるようです。

 

一般募集を探していきなりオーディションに応募してみる。

または芸能事務所や劇団の子役スクールに入って

必要な演技力を磨いてからオーディションに挑戦するという方法です。

 

子役は何と言っても子供時代にしかなれないものです。

5代の子供、7歳の子供、10歳の子供で

身体の大きさや行動は大きく変わってきます。

子供が活躍していくことは、親にとって子供の成長記録にもなっており、

子供時代ならではの輝きを残していきたいというのも分かります。

 

親としては子供が子役になりたいと言ったとき、

まずはどのようにして目指すのか調べておきたいものですし、

オーディションに落ちないポイントもアドバイスできる存在でありたいですね。

 

 

【PR】


 

チャンスをガッチリつかむ!オーディションの必勝ガイド

  • 知って得する応募前の心構え
  • 心の準備ができる!オーディションの流れ
  • 選ばれる為の合格必勝法
PAGETOP